毎日の食べるものを決める上で、美味しいものが食べたいという気持ちはもちろん、

「安く仕上げたい」「短い時間で仕上げたい」「洗い物を増やしたくない」

という気持ちを無視できません。

いくら美味しくても

【牛肉と赤ワインを用意します】とか

【ここで1時間煮込みます】とか

【鍋とフライパンと皿とざるを用意します】とか言われると「なんてハイレベルな料理なのか……」と感じざるを得ません。

そこで重宝するのが、庶民の味方カレー。

特にキーマカレーは安い、美味い、簡単メニューとして重宝しているのですが、さらに一手間くわえて満足感を楽しむための「最強トッピング」を探してみました。

 

節約メシには【キーマカレー】を選ぶべし

なぜキーマカレーを重宝しているかと言うと、作るのがめちゃくちゃ簡単だからです。

キーマカレーは、極論を言うならひき肉とカレールーさえあればできます。

本当はみじん切りにしたたまねぎを入れるとより美味しくなるのですが、節約レシピ的にはカットしてもOK。

購入するものも、手間も、洗い物も少ないキーマカレーは、料理が苦手な人でも、軽いノリで作れます。

 

キーマカレー基本の作り方

そしてキーマカレーは、ゆっるゆるな基本レシピをなぞれば包丁さえ使わずに作れるずぼら御用達メニューです。

 

  1. フライパンに油、バターを中火で熱してひき肉をいためる
  2. 水を入れて煮込む(放置する)
  3. 火をとめてカレールーを入れる
  4. もういっかい煮込んで完成!!うまい!!

 

これだけ。本当に楽。

気分を変えたいときにはひき肉と一緒ににんにくを炒めてみたり、すりおろししょうがを入れてみたり、ヨーグルトを入れてみたり「これやったらどうかな?」みたいなオリジナリティをどんどん入れましょう。

「失敗しないか不安」という人は、上記の方法で基本のカレーを作り、自由にトッピングしましょう!

 

キーマカレーのトッピング一覧

個人的に好きなトッピングはこんな感じです。

 

【半熟たまご】…まず外れない、絶対美味しい。ただし半熟たまごを作るのがやや面倒。

【目玉焼き】…半熟たまごに比べて簡単に作れる。フライパンを洗うのも面倒……!という気持ちは、各自乗り越えよう。

【ウインナー】…ひき肉をこれでもかと入れているのに、さらに肉を足す鬼トッピング。満足感500点な一方、胃もたれ注意。

【ひよこ豆】…パウチで売られているものを使えば、めちゃくちゃ簡単でポイント高め◎

【トマト】…煮込むときにプラス。風味がアップして美味しい。原型がなくなるまで煮込むため、忙しいときは△。

【生レタス&生トマト】…盛り付けのときに生野菜をトッピングする方法。タコライスっぽくなって見た目もいい感じ。

【ズッキーニ】…素焼きしてトッピングすれば、野菜もとれるし美味しい。切ったり炒めたりという工程が必要なので、面倒な気持ちに打ち勝つ強さが必要。

【アーモンド、ナッツ類】…キーマカレーの上からぱらぱらかける。風味と食感が◎。やや油っこくなるため、量に注意。

 

キーマカレーの最優秀トッピング

こうして色んなトッピングを試してみた中でも、最優秀賞受賞トッピングが決定しました。

それが【アボカド&チーズ】!

あっつあっつのカレーをごはんにかけたら、ピザ用のチーズをぱらぱらかけて、食べやすくカットしたアボカドをトッピング。

カレーの熱でチーズが溶け、アボカドのこってり感でマイルドになったキーマカレーは、幸せを凝縮した存在かと言うほどめちゃくちゃ美味しいです。神の食べ物です。

 

アボカドは、タイミングがよければスーパーで88~98円で手に入ります。

ちょこちょこ価格をチェックして、安いときに固めのアボカドを買っておき、いつカレーパーティーが巻き起こってもいいように準備しておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です