プチプラコスメの大定番としてキャンメイクから展開されているマット系アイシャドウ「パーフェクトマルチアイズ」。特に話題になっていたのがアンティークテラコッタというカラーで、メイク系YouTuberのみきぽんが「ひとつ持っておいたほうがいい!」と言っていたので購入してみました。ということでさっそくレビューしていきます!

キャンメイク「パーフェクトマルチアイズ」とは

キャンメイクから展開されているマット系アイシャドウ「パーフェクトマルチアイズ」¥780(税抜)。

アンティークテラコッタをはじめとした6パターンのカラーで展開されています。どれも5色入りパレットで、まぶたへ順番にのせていけば誰でも簡単にグラデーションが作れるという代物!

 

肌にとけ込むやわらかな陰影で、愛らしいナチュラルでか目に。
明度の違う同系色ブラウンで構成されたパレットなので、きれいなグラデーションが簡単に完成。
ナチュラルメイク派、学校・会社メイクにもぴったり!撥水効果のあるオイルを配合することで、キレイが長持ちします。

さらに「ラインも描ける先細チップ&肌あたりの良いラメ用ブラシ付」も付属されています。

 

パーフェクトマルチアイズの使い方

5色をベース、メインカラー、目元にだけのせるカラー……というように使うことができるこのパレット。具体的な使い方は、後ろにも書かれている通り。初心者でもこの通りに使っていけば失敗しません。

特に魅力的なのが、Cの位置にあるアクセントカラー。アンティークテラコッタの場合はぱっきりした赤色なので、目尻やまぶた下半分に入れるだけでかなり印象が変わります。チャイボーグ系のメイクをしたいときにも活躍します。

ベースカラーは、下地代わりにも使えるすぐれもの。普段使っているアイシャドウがラメ・グリッター系という人は、あらかじめマットな質感のカラーをベースとして仕込んでおけば、派手になりすぎずお肌への定着率もアップします。ただ、アンティークテラコッタはかなりマットなのですがほかのカラー(1番ローズブラウンや2番アーバンキャメル)のレビューを見るとちょっとパールが入っているという情報もありました。完全にマットな質感のベースをお探しなら、3番のアンティークテラコッタがおすすめです。

 

パーフェクトマルチアイズのメリット

で、実際使ってみてどうなのかということ!

 

□とにかくプチプラがうれしい

まず思ったのは安定のキャンメイク様クオリティ~!ということ。ほかブランドだったら倍以上するパレットがこのプチプラは本当にうれしい。

 

□捨て色がない

パレットは5色入りとか10色入りとかカラーが増えるほど「正直使わないわこの色……」という色が入ってくる確率があがりがちですが、こちらは捨て色が一切ありません。絶妙に使いやすいカラーばっかりで、特にイエベさんとの相性がかなりよさそうだな~と思ったら、イエベ秋さんの鉄板コスメに選ばれているみたいです。

□アイブロウ、ノーズシャドウとしても使えそう

マットな色味なのでまぶた以外に使っても違和感がなく、眉や鼻筋にも使えます。がんばればシェーディングにもいけるんじゃないかな。お直し用としてコスメポーチに入れておけば、色んな使い方ができて便利そう。

 

パーフェクトマルチアイズのデメリット

そしてここからは気になった部分です。

 

□発色がいまいち

マット系シャドウの宿命でもあるのですが、さっと塗っただけではあんまり発色がいいとは感じませんでした。何度も重ね塗りをすればカバーできるものの、さくっと時短&きっちりメイクがしたい人にはあんまり向かないかも。

 

□とにかくナチュラルに仕上がる

落ち着きのあるカラーが厳選されているので、仕上がりもナチュラルです。これはナチュラルメイク派さんにはうれしいポイントですが、しっかりメイク派さんにはいまいち。

 

□付属のチップがなんか絶妙に使いづらい

チップの素材はちょっとざらつきが気になり、結果的にまぶたに定着せず発色がいまいちという印象につながっている気がします。しっかり発色させたいなら付属のチップではなくほかのチップや筆を使うか、指でトントンなじませるのがおすすめ。

この付属チップに対する「う~~ん」は以前、同じキャンメイクの「パーフェクトマルチアイズ」を使ったときにも感じました。それでもこまめに使っていたらそのうちにチップのふかふか部分がボロボロになって取れてしまったので、プチプラアイシャドウの宿命なのかもしれません。チップや筆はお気に入りを別に用意してるよ~!という人なら問題なしなし。

 

~役に立たない総評のお時間~

今回の総評は「使いきったときに新しく同じものを購入するかと言われたらわからんけど、使ってる最中に無くしたら悔しいからまたまったく同じものを買いなおすレベル」です!ありがとうございました!!

 

 

【関連記事】

【プチプラ】キャンメイクのアイベースとウィンクグロウアイズレビュー

メイク下手に見えるNGメイクの特徴~ファンデーション選びからアイメイクまで~