一時のテンションにまやかされ、髪色をむやみに変えてから、髪のキシキシパサパサ感に悩まされ続けています。

髪というよりも、針金のような物体をぶら下げて歩く日々に嫌気が差し、シャンプーを変えてみたりトリートメントを変えてみたりしたのですが、髪質がまったく改善しません。

そこで美容師さんに相談したところ

サロンでトリートメントメニューを受ければその日はきれいな髪になれるけど、一週間くらい経つと戻っちゃうから自宅で洗い流さないトリートメントを使って日常的にケアしたほうがいい」

とのこと。

ということで、洗い流さないトリートメント生活をはじめよう!と思ったわけですが、種類がめちゃくちゃ多くて途方に暮れました。

 

洗い流さないトリートメントの種類

 

洗い流さないトリートメントは、シャンプーの最後に使うトリートメントではなく、いつでもささっと使えるトリートメントのこと。

ドラッグストアに足を運んだだけでも、オイルタイプ、ミルクタイプ、ウォータータイプ、ジェルタイプなど色んなタイプが目に留まります。

ざっくり特徴を言うと、こんな感じ。

 

使用感

さっぱり  ウォーター:ミルク:ジェル:オイル もったり

保湿&バリア効果

高め    オイル:ジェル:ミルク:ウォーター 実感しづらいかも

スタイリングに

使いやすい ジェル:オイル:ウォーター:ミルク 使いづらいかも

 

もちろん「どんなブランドの、どの製品を使うか」によっても大きく違うんですが、大体こんな雰囲気です。

 

種類別のメリット&デメリット

 

どれを選べばいいか悩んでしまいますが、それぞれに特徴がまったく違うため、それを踏まえて選ぶのが得策です。

 

オイルタイプの場合……
◇髪を油分でしっかりコーティングして、補修成分を染みこませることができる

◆べたつきが気になるかも

 

ジェルタイプの場合……
◇髪にしっかりまとわりつき、オイルとミルクのあいだのちょうどいい使用感がある

◆肌の弱い人は刺激が大きいかも

 

ミルクタイプの場合……
◇髪全体をしっとりとまとめ、保湿効果が高い

◆髪の水分が失われてしまうかも

 

ウォータータイプの場合……
◇軽い使用感で、べたつかず気持ちよく使える

◆水のため髪に絡まず流れてしまい、効果は物足りないかも

 

 

結局何を選んだか

 

これを踏まえて、とりあえず私はロレアルパリのオイルタイプの洗い流さないトリートメントを選びました。

個人的に惹かれたポイントはこんな感じ↓

■髪をしっかり包むので、高いダメージケア効果が期待できる

■ドライヤー前に使えば熱から守ることができる

■ほどよくしっとりするので、スタイリングオイルとして優秀

 

しばらく様子を見てから、またレビュー記事を書く予定です。

脱ハリガネに向けて、がんばるぞい……!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です