札幌旅行にあたって、とにかく色んな美味しいものを食べたい~!と思っていたのですが、その中でも外せなかったのがやはり海鮮。そしてうに。ということで、札幌駅の近くでうにの名店を探し「うにむらかみ」にたどり着きました。

うに好きなら外せない「うにむらかみ」

札幌の美味しいものはたくさんありますが、その中でも信者のような存在がいるほど評判がいいのが「うに」。北海道民に言わせると、本州で味わうことができるうにはほぼ別物だと。ミョウバンの味しかしないうになんてうにじゃないと。そういうことだそうです。

 

ひとたび「うに苦手なんだよね」と言おうものなら「それは本当においしいうにを食べたことがないからだよ!」「北海道でちゃんと無添加のうに食べなよ!」と返されてしまうので、じゃあ北海道で有名店のうにを食べてみるか!と思い立った次第です。

 

「うにむらかみ」は、日本で唯一のうに加工会社直営店。本店は函館にあるのですが、札幌駅から徒歩5分ほどのビル内に、日本生命札幌ビル店として出店しています。

 

オープンすぐの時間にはかなりの行列が!

私が足を運んだのは、日曜の夕方。ディナータイムは17:30~なのですが、18:00ちょい前くらいに到着して、すでに行列が出来ていました。

結果的には、一時間ちょい並んだのかな?静岡のハンバーグの名店・さわやかと同じくらいの列のでき方と進み方でした。ただし価格帯は3~5倍くらい違うので、それを考えるとすごいな~。高くても食べたいうにがそこにはある……。

ファミリーの方やお一人の方もいましたが、外国人観光客も多かったのが印象的。

 

うにむらかみのメニュー

 

この投稿をInstagramで見る

 

#うにむらかみ #うに #手毬寿司 #メニューには無いけど

うに屋むらかみさん(@uniyamurakami)がシェアした投稿 –

 

並んでいるあいだは、列に沿って提示されているメニューを見ながらあれこれ考えます。「うに尽くしコース」のようなコース料理、一品料理などがあり、シーズンによって内容は変わります。

 

定番の丼もの、うに刺しなどのほか、うにグラタン、うに和えなどのちょっと気の利いたメニューもあります。うに屋だからこそのメニューという感じで、わくわくしながらメニューを決定し、ついにテーブルに通されました。

 

いざ実食

とりあえず一杯、というテンションで頼んだのが、うに・いくら・サーモンの三色丼!提供スピードが速かったのが印象的でした。入店までの行列でそこそこ待ったからなのかな?

うにはめちゃくちゃ濃厚で、しょうゆなしでも濃い味を堪能できます。そして「主役はうにさんでヤンス、ワシらはあくまで添え物なんで……」という謙虚なスタンスのいくらとサーモンがびっくりするくらい美味しい。うにももちろん美味しいのですが「俺はうにを食いに行くぞ!」と意気込んでいたからこそ、ふいうちのいくらサーモン親子に度肝を抜かれました。北海道の海産物パワーをこれほど謙虚に、かつ大胆に見せ付けられるとは……。

あと印象的だったのが「えんがわのうに和え」。脂がのっていて甘いえんがわに、うにをたっぷり和えた贅沢な一品小鉢。こちらもしとやかなふりをしながら大胆な美味さで衝撃でした。衝撃すぎて写真を撮り忘れました。何しに行ったんや。

 

丼も刺身もめちゃくちゃ美味しいのは間違いないのですが、小鉢とか和え物とか珍味系はここにしかないという希少性も相まってめちゃくちゃおすすめです。お酒を飲む方ならとくにたまらないと思う。

調べてみたら、うにむらかみさんお取り寄せもされているみたいです。一年に一度、いや5年に一度くらいの贅沢として、うにパーティーしてみたい……!

 

【関連記事】

一十三十一の実家&スープカレーの元祖、マジスパこと「マジックスパイス札幌本店」に行ってきた

札幌市静修学園前駅近くのテイクアウトサンドイッチ「ハサミヤ」

札幌パルコ地下2階「ミルク専門店みるくsan」に行ってきた