元・面接官が教える就活テクニック!「逆質問」はギャルゲーの気持ちで挑んでくれ

就職活動をするうえでも特に、【面接】が苦手な人は多いのではないでしょうか。しかし、採用フローでは面接は避けて通れない上、1次面接→2次面接と複数回行われる場合もめずらしくありません。苦手ゆえに本領を発揮できない人を全部さっぱり振り落としたいんか、と思うくらいに、くりかえししつこく面接が行われます。

特に、合否を分けるといわれているのが「逆質問」の時間。そこで前職で面接官をしていた私が思う、逆質問のポイントをご紹介します。

面接で行われる逆質問とは?

面接では基本的に「志望動機は?」「保有している資格は?」というように、面接官から志望者へ向けて質問が投げかけられます。そして、あらかた質問が終わったら「面接は以上です。何か質問はありますか?」というのがお決まりのセリフ。

ここではじめて、志望者→面接官の構図が生まれます。これが「逆質問」です。「質問なんかねえよ!」と思ってしまうかもしれませんが、その瞬間まで受け身でいた人も、主体性やコミュニケーション能力をアピールできるなのチャンスです。

 

逆質問は必ずしなければいけない?

 

この投稿をInstagramで見る

 

わかる就活(@wakaru_syukatsu)がシェアした投稿

「逆質問は絶対にしなければいけない」「逆質問をしないと意欲がないと思われる」「逆質問をしないと印象が悪くなる」

……と言われることもありますが、正直してもしなくてもいいです。

確かに、逆質問で「ここんところが聞きたいです、知りたいです!」ツッコんできてくれる人の方が意欲的だなあと感じますが、ときおり「逆質問をしなければ!」という相手のプレッシャーを感じます。

いざ搾り出した逆質問が

「あれ、さっき説明したよな?」
「公式サイトに書いてあるよ?」

という内容だったりすると、お互いになんだか気まずい空気になります。

ギャルゲーで言うならば、デートの最後の「今日は楽しかったね♪」という会話のときに「君の名前なんだっけ?」と聞くようなことです。バグかな?

ちぐはぐな逆質問しか浮かばないときには、潔く「逆質問はしない」という選択をしてOK。素直に「そうだね、楽しかったね」と言われたほうが、女の子もうれしいです。では、逆質問をする場合は具体的にどんな質問をすればいいのか、ギャルゲー視点で考えていきましょう。

 

例1)入社までに勉強すべきことはありますか?

「すぐ活躍したいから今なにをすればいいか」という逆質問は定番ではありますが、すでに「入社」を見据えていることからやはり好感度高め。

「君の彼氏になるために、もっと自分を磨くね」と微笑んで、オトしにかかりましょう。

 

例2)○○のために身につけるスキルや技術はありますか?

企業のプロジェクトや製品などの具体例を挙げた上で「○○に関わりたい」と具体的にアピールできる逆質問です。

例1と基本的には同じなんですが「○○ちゃん、映画好きなんだよね? おすすめの映画ある? 今度一緒にいこう」と聞くことで、かわいいあの子も「私の好きなもの、分かってくれてるのね……」と感じてくれるはずです。

 

例3)「1日の仕事の流れを教えてください」

具体的な流れを聞くことで、実際に働くイメージを浮かべられます。

ギャルゲーでも「休みの日、何してるの?」という流れは鉄板ですよね。女の子が「ジムで身体を動かすことが多いかな?」と言えば「今度、一緒に行こうよ!」からの体育系女子ルート一直線です。

 

例4)「○○の資格を持っています。御社で活かせるプロジェクトはありますか?」

自分のスキルや経験をアピールする逆質問です。かなり積極的なイメージになりますが、強気になりすぎないように注意しましょう。

体育系女子ルートで「俺、ずっと野球やってたんだ。今度キャッチボールしようよ」と提案するのは信頼度UPフラグですが、「俺、野球うまいんだよね。今度教えてあげようか?」と言うのはだいぶ印象が変わります。どちらかというと女子に絡んでくるめんどくさいモブの匂いさえしはじめます。

「これが得意なんです」という自慢に落ち着かないよう「御社で活かしたい」という姿勢を忘れないようにしてください。

 

特に質問が浮かばない場合は……

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kota @START BAR🍸(@startbar_stu)がシェアした投稿

「特にございません、分かりやすく教えていただきありがとうございました」と言われたときは、単純に「ありません」と言われるよりも好印象でした。

逆質問にしても、面接にしても「このように答えなければいけない」というものはありません。一緒に働きたいと思わせる「いい印象を残す」ことが目的です。前述の通り「強引にひねりだした質問をとりあえず投げとけばええやろ」的な姿勢がマイナスなように、口下手でも、質問がなくても、印象がよければプラスになります。

質問がなければ素直にその旨を伝えながら、ギャルゲーなら狙いの女子がデート後に「また一緒に出かけようね♪」と頬を染めるような対応を目指しましょう。

 

【関連記事】

未経験から転職は現実的か、人事部採用担当者の視点から解説

志望動機って大事?元・面接官が教える、アルバイト面接に受かるコツ

元・面接官の目線で解説する「服装自由」な面接のトリック

元面接官が教える面接の「質問の答え方」と「逆質問がないときにとりあえず聞くことの例」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です