実は続いています、お絵かき研究。今回は2020年3月ごろ。

初回→絵描きド初心者が毎日描いたら上手くなれるのか実験~1、2ヶ月目~

前回→絵描きド初心者が毎日描いたら上手くなれるのか実験~25ヶ月目後編~

それではいきましょ~。

2020年3月というと、新型コロナウイルスの猛威がいよいよやばいで、これこのままじゃあかんちゃうん、となってきた頃合いでございます。音楽業界においてはありとあらゆるライブの中止が決まり、私も手元のチケットをローソンへ返却しに行く羽目になり血の涙を流しました。

そんな中で無観客ライブたるものが一気に増え、ひとつの伝説となったのが再結成したNUMBER GIRLのZeppライブ。

なぜか俳優の森山未來氏が突然登場し、「OMOIDE IN MY HEAD」にあわせてバッチバチに踊り狂うという演出、五億回見直しました。

 

足の難しさ、あいかわらず一生わかりあえる気がせんのよ。つちふまずから指へ向けての流れ、あそこだけ何度書き直しても書けないのよ。おそらくだけどあの部分、五次元空間なのよ。ICECAKEの意味はわたしもわかりません。食べたかったんかな。

 

ときどきやる「おしゃれ 画像」で検索してでてきたおしゃれっぽい写真の模写です。なんで下向いてんの?なんでダブルピースしてその角度なの?なにからなにまでヒュ~~おっしゃれ~~!!と思って書いてみたのですが、おしゃれさを模写する力がいっさいなく、泥酔しながらも一生懸命記念撮影だけ参加してきた女みたいになってしまった。

 

こういう絵描くと、へっただな~!!というのがよくわかりますね。机の大きさに対して椅子の大きさなに?机の前後関係もなに?オブジェクトを置けば置くほど空間が歪み、歪んだ空間のつじつまをあわせようとして取返しがつかなくなっていく。まるで人生のようです。

こういうお勉強アイテムもたくさん展開されているので使ったほうがいいです。でないとこういうことになります。

 

空間のパースみたいななにかしらに心折れすぎた結果がこれですね。空間というものをもういっさい度外視したかったのだと思います。

 

水族館の写真とかによくある、水槽の明るさで人影が黒く浮かび上がる景色がとても好きです。あと「泡」みたいな素材がもとから入ってた?ダウンロードしたのかな?それすら覚えてないけど、とにかくあったのでなんか使ってみました。泡という素材、使える場所限られすぎてるじゃん。水描こ、と思わない限り使えないじゃん。ということで意識的に水描こ、の方向性に持っていこうと思います。