お絵かき実験2019年9月のまとめ。

初回→絵描きド初心者が毎日描いたら上手くなれるのか実験~1、2ヶ月目~

前回→絵描きド初心者が毎日描いたら上手くなれるのか実験~20ヶ月目前編~

いつも以上になにかぶれ倒していますがざっくり見ていきましょう。

CHAGE&ASKAのMVでありジブリ短編映画名作シリーズのひとつである「On Your Mark」が好きです。とにかく好きです。はじめて観たジブリ映画だからというのもあるかもしれませんが、めちゃくちゃ好きすぎて描いてしまいました。こういう感じのシーンがあるんですけどここ好きなの。死屍累々をかきわけて進むシーン。かっこいいよね~。

諸々の件で手に入りにくいのかと思ったのですがそういうわけでもなく、今も「ジブリがいっぱいショートショート」で観れるみたいです。

 

少女マンガっぽい絵を描けるようになりたいんですよぼかあ。しかし描きだしてみると自分の思う「少女マンガ性」があまりにも曖昧すぎてびっくりします。そんで身体描くの下手だなあ。なんでこんなことになってしまうんだろな。地獄みてーな色は自分としては気に入ってます!

 

少女マンガ性パート2。少女マンガと青年マンガの違いってなにかなと思ったときに、女の子の体型というのもひとつ重要なヒントだなと思ったので「自分の思うリアルな女子の体型」を書いたつもりです。青年マンガでは巨乳で足が細い、が人気なのかな?というざっくりイメージなのですが、ひとたび少女マンガとなると胸が小さくて足がリアルにむっちりしている子のほうが多いような。

全身を描くのが本当に苦手すぎててきとうなポーズをとらせたらPerfumeみたいになったのでシークレット・シークレットの歌詞も添えておきました。

 

手前味噌ですがこれは結構気に入ってるんですよネ……へへ……。自分の絵でいい感じにできたな~と思えることなんてまあないんですが、これは20ヶ月やってきてよかったネ……えへへ……。オレンジと水色という色の組み合わせがめちゃくちゃ好きですネ……。

でもなにを描いたのかはよく分かりません。細かいところの雑さが本当に悪癖。どうにもこうにも爪が甘すぎる。

 

 

テーマは「中華」チャイボーグとかハヤってたからなんかそういうテイストに挑戦してみたいな~と思ったのですが、なぜうさんくさくなってしまうのでしょう。外道の歌の悪役でこういう人いなかった?

俯瞰の練習のはずだったんですが難しいですね。こういう角度から見下ろしたら、身体がこのようにねじれる、みたいな法則をまだ理解できていないのが伝わってきますね。

 

なぜか友人に「羽生結弦?」と聴かれたやつ。違います。これはクリスタの「にじみ薄墨」というツールだけで描く、というセリフしばりプレイをしました。

にじみ薄墨はその名の通り、じわっと滲む墨のような書き味。線画も塗りもハイライトもなんとなくふわっと描けるので、自分を信じて自分の描きたいものをくっきり描くのが苦手な人間にも優しいです。ありがとうございます。もっと墨感を生かせるようになりたいな~。

 

なんかキラキラしたエフェクトとかしゅわしゅわ雲みたいな無料ツールをゴリゴリに使いたい!!!!という思いから描いたやつ。テクスチャーありきであとから人を書き足した記憶があります。

人物の部分はデッサン写真かなにか参考にして描いたんだっけな?覚えてないけど、服装がいかにもあとから適当に書き足した感があるのでたぶんそうです。人物デッサンを参考に書いた絵に凝った服装を着せられる人まじですごい。